急な冠婚葬祭はおもわぬ出費

普段の生活はひと月の計画を立てて、食費、水道光熱費、各ローン、貯蓄、電話料金、衣服、雑費、子供にかかる教育費、おこずかいなど、項目ごとに予算を決めてやっているので、困ることはそんなにありませんが、冠婚葬祭の祝儀であったり
香典などは急な出費になるんで困ります。

 
一般的には知人、友人、同僚などであれば30000円、身内、親戚などであれば50000円をめどに包んでいます。
それに合わせて、結婚のプレゼントや、甥っ子や姪っ子であれば新婚旅行のおこずかいを渡したり、式に着ていく服を新調すればその費用も掛かりますし、レンタルで済まそうとしても20000円前後はかかってしまします。遠方であれば前日に行き宿泊代も自腹を切ることもあります。

 
しかしまだ結婚式に招待されてということであれば、招待状も届きますし、身内などであれば事前にこの辺りで式を挙げるといった情報も得られるので、それに向けて毎月やりくりして祝儀や、それにかかる洋服代交通費などを捻出することもできます。

 
しかし葬儀の場合は事前に用意しておくということは難しく、急に亡くなった知らせが来ますので知り合い程度であれば5000円で済ましていますが、かかわりの深い方や身内であれば10000円~20000円の出費になります。またひと月に2回など重なる可能性も実際にあるので、そうなると大きな出費になります。

 
また身内の場合は供花を用意することも多いので、〇〇一同など兄弟や親せきで合わせて用意する場合は、その費用も折半になるので人数にもよりますが、
5000円~10000円程度で収まることもありますが、個人名で出した場合は20000円~30000円(ランクにもよりますが一対で)が香典と合わせて、用意しなくてはなりません。

 

また合わせて交通費も伴います。
冠婚葬祭でお金のことを言うなんて不謹慎かとは思いますが、冠婚葬祭の際の費用は現実問題として、かなり家計に負担になることも事実です。今は息子の免許ローンの返済にも少し協力しているので、これも少し負担になっていますね。

お肌の黒ずみについて調べてみた

黒ずみの原因は?

お肌の黒ずみの原因は主に外的要因、内的要因の2つに分けられます。外的要因の一つ目は紫外線によるもの。
若い頃はよく日焼けをしていた。日に焼けている姿に憧れて、サンオイルを塗っていたという方、要注意です。
一度肌に溜まったメラニンを除去するのはなかなか大変なもの。紫外線を浴びてしまったら、もう元には戻せません。

もう一つは摩擦による黒ずみです。アイメイクをしっかりとする方は、メイクを落とす際についついこすり過ぎてしまいますよね。
膝の黒ずみも同様、膝をついて歩く方や、いつも薄いストッキングを履いている方は黒ずみの原因になることもあります。最近では脇、デリケートゾーンの黒ずみに悩む方も増えてきており、衣服の摩擦による原因が考えられます。
内的要因としては、生活習慣が乱れ、まとまった睡眠時間が取れない、タバコを吸っている、アルコールの摂取量が多い、ストレスによるものなどが挙げられます。

ではどうすれば対処できるの?

外的要因の対処法

1、日に当たらない

外出する際に日焼け止めをべったりと塗る必要はありません。日に当たらなければそれで良いのです。私は普段日焼け止めをほとんど塗りませんが、白い肌をキープしています。なぜなら日焼け止めを過度に塗ることで、別の肌トラブルも生まれるからです。外出する際はツバ付きの帽子、薄手の長袖、日傘などで紫外線をカットしましょう。

2、肌を擦らない

アイメイクを落とす際は優しく、桃を撫でるように目の周りをくるくるします。メイクの落としやすい、お湯で落ちるタイプの化粧品を選ぶことも重要です。デリケートゾーンには100%綿素材のものを選ぶなど、肌に優しい下着を選びましょう。

内的要因の対処法

1、オススメ食材は大豆製品と緑黄色野菜

昔から大豆製品を多く摂取する方は素肌美人と言われます。大豆に含まれる大豆イソフラボンには女性ホルモン(エストロゲン)に似た働があり、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を促して肌を美しく滑らかに保ちます。また、大豆イソフラボンには抗酸化作用があります。紫外線やストレスにより発生する活性酵素の数を減らし、コラーゲンの分解を防いでくれます。

 

2、緑黄色野菜

緑黄色野菜(色の濃い野菜)にはたくさんのビタミンが複合的に入っています。美白には「ビタミンCが良い」と思っている方がいらっしゃいますが、ビタミンCを体内に取り込むにはビタミンE、ビタミンBなど様々なビタミン類の手助けが必要となります。ビタミンCだけを単体でとっても体外にそのまま流れ出てしまう可能性がありますので、ビタミンは複合的に摂ることをお勧めします。

また緑黄色野菜に多く含まれているのがβ-カロテンです。新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを促す効果が期待できます。

 

3、たくさん寝る

新陳代謝はあなたが寝ている間に活発になります。ゆっくりと睡眠時間をとって体とお肌にターンオーバーの時間をとってあげましょう。しっかりと休んだお肌はきっと元気になっているはずです。

 

4、生活習慣を見直す

もちろんタバコ、アルコール類の過剰摂取がお肌に良いわけはありません。黒ずみが気になる方は少しずつ量を減らしてみませんか?

 

やってはいけないこと

黒ずみの対策としてビーリングを行う方がいますが、これはお勧めできません。ピーリングによって少なからずお肌に摩擦を与えることになりますので、自宅でのピーリングは行わず、医療機関でプロの方にやってもらいましょう。ビタミンCのイオン導入は黒ずみに効果があると言えます。

 

まとめ

いかがでしたか?黒ずみは日々の生活によって少しずつお肌に現れてきます。

お肌を白くするには根気が必要ですが、普段の生活を見直すことでだんだんとお肌が本来の白さを取り戻していきます。

毎日のお手入れと正しい習慣で、黒ずみとおさらばしましょう。